バイトと求人

アルバイトはもちろん外来語なのですが、元は英語ではなく、ドイツ語から来ています。本来の意味は「労働」ということで日本近い意味ではありながらも少々違った意味で使われるようになりました。すでに明治時代から日本の学生の間で使われていたということです。

現在ではパート・アルバイトと分けることもありますが、両者に明確な差はなく、意味としては同等と考えてもいいでしょう。しかし、時と場合によって使い分けているので、それに合わせておけば特に問題はありません。
概ね、主婦が働く場合はパートタイム、パートと呼ぶことが多く、学生が働く場合はアルバイトと呼ぶことが多いです。現在は学生も親からの仕送りがふんだんにあるわけではなく、誰もが働かないと生活ができません。特に親元を遠く離れている学生にとってはアルバイトがライフラインとなっているのです。

バイトの求人は、フリーペーパーで探すのが一般的となっていますが、スマートフォンの普及またはインターネットカフェの普及でネットを利用してのアルバイト求人サイトでバイトを探す学生も増えてきました。
時給については都会では千円が相場らしいのですが、昨今では学生の確保が難しく時給がどんどん上がっているそうです。それはバイトで生活資金を稼いでいる学生にとっては願ったりもない状態といえるでしょう。ただし、夜間業務でワンオペを強いるところもありますので時給が高くても注意しなくてはいけません。アルバイトはもちろん外来語なのですが、元は英語ではなく、ドイツ語から来ています。本来の意味は「労働」ということで日本近い意味ではありながらも少々違った意味で使われるようになりました。

すでに明治時代から日本の学生の間で使われていたということです。現在ではパート・アルバイトと分けることもありますが、両者に明確な差はなく、意味としては同等と考えてもいいでしょう。しかし、時と場合によって使い分けているので、それに合わせておけば特に問題はありません。
概ね、主婦が働く場合はパートタイム、パートと呼ぶことが多く、学生が働く場合はアルバイトと呼ぶことが多いです。現在は学生も親からの仕送りがふんだんにあるわけではなく、誰もが働かないと生活ができません。特に親元を遠く離れている学生にとってはアルバイトがライフラインとなっているのです。

バイトの求人は、フリーペーパーで探すのが一般的となっていますが、スマートフォンの普及またはインターネットカフェの普及でネットを利用してのアルバイト求人サイトでバイトを探す学生も増えてきました。時給については都会では千円が相場らしいのですが、昨今では学生の確保が難しく時給がどんどん上がっているそうです。
それはバイトで生活資金を稼いでいる学生にとっては願ったりもない状態といえるでしょう。ただし、夜間業務でワンオペを強いるところもありますので時給が高くても注意しなくてはいけません。